Ishii Seishi

記事一覧(28)

「ボオドレェルの詩碑」(エトランジェと暮鳥と)|大洗歴史漫歩(大久保 景明)

 フランスの詩人ボオドレェル(1821~1867)の詩碑が大洗神社の真下、大洗美術館入口の路傍に建っています。碑にはボオドレェルの散文詩「エトランジェ」が原文で刻されています。 日本近代詩の黎明期にボオドレェルの詩は日本詩壇に大きな影響をあたえました。 明治初期に短歌や俳句、漢詩以外の新しい詩の概念が初めて日本詩の世界に入ってきて、5.7音形式の、あの新体詩が生れましたが、以来西欧詩発展の動向を急速に吸収しようとする気運が高まった時代でした。 日本で初めてボオドレェルの詩を訳し紹介したのは、わが国へ象徴詩を導入した上田敏で、明治30年5月のことです。続いて永井荷風、蒲原有明等があります。 山村暮鳥(1884~1924)が「ボオドレェル詩集」を初めて手にしたのは明治43年春で、スタームという人の英訳版でした。 これを読んで彼は、ボオドレェルの「照応の詩法、音と色と香の交感の詩法、あるいは感覚と形象を言語化する詩法」など、その怪奇な新鮮さに感動し傾倒して、これを訳詩しました。 暮鳥は明治43年6月に、初訳「エトランジェ」を「旅人」として発表したのを始めとし以後大正2年9月までに、ボオドレェルの小散文詩」18篇を訳し発表しました。 そしてそれが暮鳥自体の詩体をも変革させて「聖三稜玻璃」の詩体を成立させました。 暮鳥の訳詩はいろいろ批判もありましたが、詩人のするどい感受性で、敏感にボオドレェルの心をつかんだすぐれた訳ともいわれています。暮鳥はエトランジェの訳を何回も書き改めて、始めは「旅人」と訳しましたが、最終的には「変り者」と訳出しました。「もし、君ENIGMATICMAN、君の最愛なるものは誰だ。 父か、母か、姉妹か、それとも兄弟か。」「わたしには父も母も姉妹も兄弟もありません。」「そんなら友達か。」「それは、わたしには何の意味もないことでした。その言葉は。」「では国家。」「わたしはそれがあるといふ所の広袤(こうほう)さへ知らないのです。」「美は。」「おお女神、不死なるもの、それならよろこんで自分にも愛せるはづであった。」「或は黄金。」「わたしはそれが嫌ひです、譬へば君が君の神様に対するやうに。」「それならEXTRAORDINARYSTRANGER何を君は愛するのか。」「わたしはあの雲を愛します・・・・・・空をさまよって行く雲を、彼方へ・・・・・・あの驚くべき雲の群れを。」

大洗磯前神社とその他の社寺|近世|大洗町史(第2編第4章第3節)

一 大洗磯前神社の変遷 蓋山(ふたやま)・笠置山・大扇山・五明山などと古くは呼ばれた山林 大洗山(おおあらいさん)に鎮座している大洗磯前神社は、数々の変遷を経て現在にいたっている。中世においては、摂社四〇余、神戸(しんこ)一千戸といわれ繁栄をきわめたが、永禄年間(一五五八~一五六九)の小田氏知の乱により灰じんと帰し、以後百数十年間、海ぎわに小さな祠を造って辛うじて存続している有り様であった(「磯浜誌」)。 第二代藩主光圀は、社寺改革を推し進め、古社名刹の維持復興に努めたが、その一環として式内社(「延喜式」「神名帳」登録の神社)であり由緒のある大洗磯前神社の復興を思い立ち、元禄二年(一六八九)に磯辺より山の半復に遷宮を行い、同時に沖洲の鎮守であった宇佐八幡宮を社中へ移してきた(『新編常陸国誌』)。遷宮後の規模は、本殿が高さ九尺、表五尺、妻五尺の枋葺(ほうぶ)き、拝殿が表・長さ二間半、横九尺、前殿長さ八間半、横三間で、鳥居が一基あり高さ一丈一尺三寸、広さ一丈二尺であった。神体は石が二つで、一つは二尺五寸、もう一つは八寸とある(元禄九年鎮守帳・彰考館文庫)。次いで、第三代藩主綱條は、宝永四年(一七〇七)に仏を取り上げて神鏡(四寸四方)を奉納し(元禄九年鎮守帳)、正徳五年(一七一五)八月には安積覚に選文させて本縁を奉納した(『新編常陸国誌』)。

井上靖「大洗の月」が教えてくれる、大洗の人(石井 盛志)

 大洗海岸は、井上靖の「大洗の月」や、徳川光圀作詞、滝廉太郎作曲の「荒磯」の舞台として登場する月夜の美しい名所です。どちらもあまり知られていない作品ではありますが、大洗の土地風土が持つ心地よさを表現されている作品です。今回はしみじみと心地よい癒しの小作品「大洗の月」についてご紹介したいと思います。「大洗の月」あらすじ 昭和28年。時代は、戦後復興期から高度成長の黎明期。東京で自動車部品の下請け会社を経営する主人公 佐川は、仕事は順調に拡大しつつも、当時の不安定な社会情勢から急激に事業崩壊するかもしれないという「亡びの予感」を抱えたまま生きています。そんな不安が辛く感じる秋の日。行ったことのない大洗の荒涼なイメージに惹かれて中秋の名月を見ようと旅行に出かけます。 これは人生に希望を失いかけている男の一人旅の物語です。 旅先の大洗の旅館(現在の大洗ホテルと思われます)のお節介な番頭さんの取り計らいで、主人公は純朴な人々と次々と出会い、大洗の人々との交流に次第に心が解きほぐれてゆきます。物語の最後では、成り行きで古道具屋で購入した絵の作者、どうやら有名画家の偽作家と思われる老人画家の住まいを訪ねることになります。深夜11時過ぎであるにもかかわらず画家は夫婦でともに起き出してきて、主人公をあたたかく迎え入れ夕食の残り物の魚と持ち寄った酒で、ささやかな宴がはじまるのです。雲間からぼんやりと月明かりの落ちる海辺の家で、主人公と画家に穏やかなひとときが流れて行きます。 主人公は潮騒に包まれた家で自然に寄り添った暮らしをしている夫婦に好感を感じます。そして、この老人が偽画家かどうかということはさておいて、老人画家が生涯を通じて亡びの予感を感じながらこの歳まで生きてきたのだろうと、気付くのです。 そう思ったとき、雲間から美しい満月が現れます。そして、画家の家が凄まじい波の音に洗われている様子とともに物語は終わりますー。

わが心の大洗海岸|大洗町の歴史と自然を楽しむ会(田山 久子)

海水浴の歴史|大洗町の歴史を見つめて(蓼沼 香未由)

1.江戸時代の潮湯治 現在、夏ともなれば、レジャーの一環として、年間約80 万人もの海水浴客が大洗サンビーチを中心とした大洗町の海水浴場に訪れます。こうした光景が大洗町に誕生したのは、最近の事では無く、今を遡る事約115年前の明治20 年代の頃の事でした。そもそもの海水浴の起源は、更に遡ります。 江戸時代の初頭に、中国より日本に紹介された『本草綱目』(ほんぞうこうもく)という本には、海水を「煮て浴すれば風癬、疥癬を去り」とあって、海水を温めてつかる温浴が、皮膚病などの疾患に効果があるとされました。寛永年間(1620~1640年代)には、紀州和歌山の藩主が鎌倉で塩湯あみを行った記録も残されています。海水のみでは病人に害があるから、海水と水を半分ずつ混ぜて、温めた方が良いという意見もありました。 江戸時代も後半になると、愛知県大野のように直接海浜で海水に浴する、今日の海水浴と共通する海水冷浴も普及していたようです。これらを一般に潮湯治といいます。 江戸時代には海水浴とは言いませんでしたが、潮湯治の名で、皮膚病などの病気の治療のために、普及していたようです。2.明治時代の海水浴 明治時代に始まった海水浴は、もともとイギリスやドイツなどの西洋から導入されたもので、当初は医学の一環として開始されたものでした。医療行為としての海水浴を普及させたのは西洋医学を学んだ医者でした。海水浴は、海浜の清涼な空気を吸い込む事で気分が一新し、波や海水の塩分が体を刺激する事で、皮膚病などに効果があるとされました。明治 10 年代の日本最初の海水浴場というのは、医者が海浜に設けた小屋で患者を見る医療施設であったとも言われています。浴場には浴場医と呼ばれる海水浴医療を行う専門の医者が配置され、海浜で転地療法を行う浴客のために海水浴旅館が建設されるようになります。 明治 10 年代後半頃から全国の浜に海水浴場が開設されるようになり、その後の鉄道網の普及と共に建てられた神奈川県大磯の禱龍館(とうりゅうかん)における海水浴場の成功が火付け役となりました。明治 20 年代に入ると、全国の海浜に続々と海水浴場が開設されていきます。東京近郊の人々は 休暇願を出して、長期の海水浴治療を行い、中には海浜に別荘を作る人も現れ、別荘地を発達させていく事にもなります。 こうした明治 20 年代の全国的な流れを受けて、当時の磯浜村の大洗下にも海水浴場が作られてくるのです。3.明治時代の大洗海水浴場 もともと町名の由来ともなった大洗というのは、大洗磯前神社付近の特定の地区を指す地名でした。神社の森を大洗山と呼び、その下の奇岩怪石の発達した海岸を大洗岬、あるいは大洗下と呼びました。 明治 16 年には大型の蒸気船が両国-鉾田間に就航し、この大洗への交通網が飛躍的に改善されていきます。それに連れて、明治10年代に入ると、中央の役人や学者が大洗を訪れるようになり、その頃人気の高かった魚来庵(ぎょらいあん)に投宿するようになります。元老院の福羽美 静議官は、 明治 14(1881)年7月に宿泊し、潮湯治(海水浴)を行いました。これが確認されている大洗下における近代海水浴のはじめての例で、全国的に見てもかなり早い段階のものです。また明治16(1883)年10月に大洗を旅した細川潤次郎は、近頃、養生を講じる者が多く大洗の海に浴して喜んでいると記録しています。大洗下における海水冷浴がかなり浸透していた事が窺えます。 明治 21 年夏に入ると、石井藤介により三層楼の一際高い金波楼(きんぱろう)が開業し、大洗岬に本格的な海水浴場が開設されます。翌22年1月には、水戸鉄道が小山-水戸間で開業し、これにより那珂川 を汽船で下り祝町を経由して大洗 を訪れる、東京方面からの来遊者 が増えだします。  大洗下の海水浴旅館は、明治21年頃は木根屋・魚来庵・金波楼・小林楼の4軒しかなかったものが、明治26年頃までに風月楼と金波楼別邸を加え6軒に増えています。この事からも海水浴旅館は成功を収め、浴客が短期間で著しく増加した事を窺い知る事ができます。